キャバクラ派遣のアルバイトはShine(シャイン)にお任せ

会員登録はコチラ 店舗様へ

用語辞典

▼▼▼▼▼▼ア行▼▼▼▼▼▼

▼アール(R)▼
予約(reserve・リザーブ)のことを英語の頭文字を取ってR(アール)と呼びます。
予約を意味していますが、指名のことを差す場合もあります。
▼アイス▼
そのままズバリ、氷のこと。
基本、グラスに氷を満タンに入れてマドラーで混ぜてグラスを冷やしてから飲み物を作ります。
▼合番(あいばん)▼
2名以上のキャバ嬢を指名して自分のテーブルへ呼ぶ事です。
キャバ嬢を指名しているお客様が他に居なければ、女の子を独り占め出来るとても贅沢な行為です。
▼アイスぺール▼
お酒用のアイスを入れて卓上に置いた容器のこと。アイスの交換は女の子でなくボーイの担当です。
別名ぺールとも呼びます。
▼朝キャバ(あさきゃば)▼
日の出の時間くらいからお昼過ぎころまで営業しているキャバクラのこと。
客層は営業を終えた同業の方や、他で朝まで飲んでいた流れの方が多いです。
プラスaで早朝出勤手当がついたりバック率が高めになるお店があります。
▼アフター▼
営業時間終了後に、お客様と一緒に飲みに行ったり食事に行ったりすること。時給の対象にはなりません。
同伴は出勤時間を理由に時間制限が出来ますが、アフターには終わりがないので誘われた段階で時間を決めておくと良いかもしれません。
▼アリバイ対策(ありばいたいさく)▼
親や友人や彼氏、知人にキャバクラ勤務がバレるのを防ぐために、店舗が会社などを作ったりして対策してくれること。
また、そのような対策をしてくれる所をアリバイ会社とも言います。
▼アンダー▼
18歳未満ことを差します。
風営法では水商売や風俗業等で18歳に満たない、または高校生を働かせる事は禁止されています。
この事を守っていないお店は摘発の対象になり営業停止にされてしまうため、どの店舗でも厳重に年齢確認を行います。
▼移籍(いせき)▼
キャバ嬢が今いるキャバクラ店から他のキャバクラ店へ移ることです。
お店にとってはそのキャストだけでなく常連客も失いかねないので、 ランキング上位の人気キャバ嬢の移籍はトラブルが起きやすいです。
▼一見さん(いちげんさん)▼
何の面識もなく初めてお店に来たお客さんのことです。 通常、そういったお客さんには「初回割引」や人気キャバ嬢を優先的に付けてくれるなど、また来店してもらえるように色々なサービスを提供します。
ただ高級なクラブになると逆に一見さんは入店を拒否されてしまい、その店を既に利用している方からの紹介でないと入店できません。
▼イベント▼
店舗が企画する集客のための企画。
キャストの誕生日や、お店の開店記念だけでなく季節毎の催しハロウィンやクリスマスなどに行われます。
セーラー服、チャイナドレス、ナース服、バニーガール等、コスプレ用に衣装を用意して盛大に行われます。
▼色恋営業(いろこいえいぎょう)▼
お客さんと仲良くなって、キャバ嬢と付き合っていると勘違いさせて来店を促す営業スタイルの事。
思わぬトラブルに発展することもあるので人選に注意する等、程々にしておいた方が無難かもしれません。
(類語:色営(いろえい)対語:友達営業(ともだちえいぎょう)・友営(ともえい)
▼インカム▼
店舗スタッフが業務中に連絡を取り合うための道具。無線機みたいなもの。
店内の離れている場所でもやり取りができ、かつお客さんやキャストに気づかれずに会話が出来るので便利。
大型店で使われていることが多い。
▼印取り(いんとり)▼
正規の給料日以外にお金を受け取る際、その確認の意味を込めて判子を押すこと。
お金のやり取りは、後でお金を貰った貰っていないのトラブルになる可能性が高いので、それを回避するためにしています。
▼ウェイター▼
キャバクラ店で働く男性スタッフのことです。(類語:黒服・メンバー・ボーイ・ホールスタッフ)
お酒や食事などの飲食物の配膳や提供だけでなく清掃やセッティングなどの店内ホール業務もします。
他にも、黒服、メンバー、ボーイなど呼び方はお店によって変わります。
▼ウェイティング▼
キャバ嬢の数が足りない時、入店前にカウンターや椅子でお客様を待たせる事。
お客様が待ちくたびれて帰ってしまわないように、色々な気配りをして待ってもらいます。
そのため、その際に出された飲食物等は基本的に無料になります。(類語:ウェイト)
▼裏書き(うらがき)▼
キャバ嬢を指名していないフリーのお客さんに、名刺の裏にメールアドレスや電話番号、LINE等、連絡先を書いて渡す事。
店外でお客さんと連絡を取って、指名してもらったり、お店に来てもらったりします。
▼裏引き(うらっぴき)▼
お店に通わせずにお客さんとプライベートで会い、ブランド品等を買ってもらう行為です。
キャバ嬢にとってはメリットが大きいのですが、お店を全く通さないためお店にとっては利益に繋がらないので罰則があります。(類語:直引き)
▼売掛(うりかけ)▼
いわゆる「ツケ」の事で、お店で発生したお客様の代金を指名されたキャバ嬢が払うこと。
ただ後日お客様から回収できないとキャバ嬢の実費になってしまいますので、キャバクラで売掛を認めているお店はあまりありません。
▼永久指名(えいきゅうしめい)▼
一度指名したらそのお客様の担当は指名替えがない限りずっと同じキャバ嬢となります。
またそのお客様が他のキャストを指名したとしてもその際の売り上げは初めに指名したキャストのものになります。
なのでヘルプに付いたときに名刺を渡すような指名替えを勧める行為はトラブルの原因になるので注意です。
▼営業電話(えいぎょうでんわ)▼
お客さんに電話を掛けて、お店に遊びに来てくれるようにお誘いすることです。
営業電話を定期的にしっかり行っていないと、指名が貰えなくなるリスクがあります。
ただお店に誘うだけでなく、またメールよりも定期的に電話している方が好感度アップです。
▼営業メール(えいぎょうめーる)▼
お客様にメールを送ってコミュニケーションを取る営業方法のことです。
電話より効果は薄いですが、一度に大勢に連絡できる点は電話よりも優れており手間も少ないです。
スマホの普及割合がどんどんと大きくなってきてはいますがガラケーのお客さんも居るのでメールアドレスは大切です。
▼営業LINE(えいぎょうらいん)▼
営業電話や営業メールと同様に、お客さんをLINEでお誘いする営業方法です。
スマホが普及割合が大きくなっている現状、LINEで営業するキャバ嬢がかなり多くなっていますが お客さんによってはガラケーを使用しているのでメール・電話・ラインと組み合わせて営業する事が大切です。
▼枝(えだ)▼
指名のあるお客さんと一緒に来るフリーのお客さんのことです。
今後、指名をしてくれるお客さんになる可能性があるので、キャバ嬢にはチャンスとなります。
枝のお客さんの売り上げも、指名を取っているキャバ嬢に加算されます。
▼延長料金(えんちょうりょうきん)▼
最初の1セットを超えると発生する料金。終了前に確認しに来るお店もあれば自動延長になるお店もあります。
大体のお店は30分ごとに料金が加算されていくシステムが一般的になっております。
▼お祝い金(おいわいきん)▼
キャバクラに本入店したときにまとまったお金がもらえるシステムのこと。
大体5~10万ぐらいが相場となっています。
色々な条件をクリアしてからというお店もありますので事前に確認しておいたほうがいいかもしれません
▼大箱(おおばこ)▼
お店の広さを表す言葉としてボックスとも言います。
小・中・大と種類があって大箱は席数が大体60以上ある大型店のこと。有名店が多い。(類語:中箱・小箱)
▼オールタイム▼
オープンからラストまでの間、何時入店してもセット料金が変わらない事。
通常、キャバクラ等では遅い時間になればなるほど料金が高くなるのですがオールタイム5,000円などと記載があれば セット料金は変わりません。
もちろん税や別途飲食物を注文したりで料金がプラスされるので注意が必要です。
▼オープンラスト▼
お店の開店(オープン)から閉店(ラスト)まで、お客さんがずっと滞在して飲み続けることです。(類語:プンラス・オーラス) 良いお客さんなので、お店からは非常に優遇されています。
また、キャストがオープンからラストまで働く意味もあります。
二つの意味があるので言葉の文脈を考えながら意味を判断することになります。
▼送り(おくり)▼
閉店後、お店専属の送りドライバーや店の従業員がキャバ嬢を自宅まで送り届けること。(類語:送迎)
お店によって無料・有料があります。状況によっては同じ方面の人が揃うまで等、待たされる事もあります。
▼お茶をひく、お茶っぴき(おちゃをひく、おちゃっぴき)▼
出勤したのにお客さんを呼べず指名が1本もとれないこと。(類語:坊主)
お茶をひいているとお店側には雇っていてもメリットがないので徐々に出勤日数を制限される等、
だんだん居心地が悪くなる扱いを受ける事があるかもしれません。
▼お願いします(おねがいします)▼
キャストがお店のボーイ・スタッフに声をかけるときは「お願いします」といいます。
キャストは勝手に席を離れられないので、用事があるときはこうやって声をかけます。
声を出せない状況の時はオーダーマッチといってライターをつけて男性スタッフを呼ぶ事もあります。
▼お見送り(おみおくり)▼
お会計が終わって帰るお客さんを、お店の前やビルの入り口まで見送ることです。
キャストにとってはお店での最後のアピールチャンスになりますがうまく会話を終わらせないと、
お店の前で何十分も時間を取られてしまいます。
▼オンリー▼
お客さんにキャバ嬢が誰も付いておらず、1人きりになってしまっている状態です。
この状態が続くと非常に悪いため、見かけたら男性スタッフへ連絡しましょう。
※またはお店の中でお客さんが一人の状態の事もさします。
▼オーダーマッチ▼
キャストがライターを付けて男性スタッフを呼ぶ方法の事です。
声を出して呼べない状況の時もあるので、こっそり合図するためのこのような手段となります。

▼▼▼▼▼▼カ行▼▼▼▼▼▼

▼カード▼
クレジットカードのこと。 料金やお会計についてはお客さんからも質問されるので、お店のシステムは理解していた方がいいでしょう。
お店によって10%など別途手数料を取ったりカードが使えなかったりしますので注意です。
▼顔出し(かおだし)▼
雑誌・ホームページ・DM・パンフレットなどキャストの顔や映像を載せること。
お客さんは顔を見て来店するケースも多いので指名が付きやすくなるメリットがあります。
もちろん親バレや知人バレに繋がる可能性が高くなるので顔出しNGにしているキャストも多いです。
▼顔出しNG(かおだしえぬじー)▼
水商売で働いていることを誰にも知られたくない場合は、顔出しNGにしてWEB上の露出をなくし知人バレを防ぎます。
ちなみにお店に意志表明しないとホームページなどに顔写真が載ってしまう場合もあるので初めの段階でNGを伝えましょう。
▼掛け持ち(かけもち)▼
学生さんやOLさんなど昼の職業の肩が夜間に水商売を兼業する事を指します。
または他の夜の店舗など複数のお店で働いている事も指します。
▼飾りボトル(かざりぼとる)▼
お客さんが飲んで味を楽しむものでなく、中身は空っぽでテーブルの見栄えを良くするための飾り用のボトルです。
見た目を楽しむものなので装飾がかなり細かく丁寧に作られているのが特徴です。
▼空名刺(からめいし)▼
フリーで来たお客さんに女の子が自分の名前や連絡先を書いてお客さんに渡します。主に新人の子が使います。
ただ本指名のヘルプで付いたお客さんにこれを渡してしまうとトラブルになりますので絶対に避けましょう。
▼乾き物(かわきもの)▼
お酒のおつまみ・お通しとして出されるポテトチップスや柿ピーなどを指します。
ナッツ・スナック盛り合わせが一般的です。
▼カワシボ▼
乾いたおしぼりのこと。飲み物をこぼしたときや掃除、水気を取る際に出してもらいます。(類語:アツシボ,ツメシボ)
ちなみに、ハンカチを常備しておくのがキャバ嬢のたしなみです。
▼完全飲み直し制(かんぜんのみなおしせい)▼
延長料金というシステムがないお店が導入しています。
1セット(60分)が終了したら、次の1セット分の料金を支払います。
完全飲み直し制では料金前払いのお店も多いので
オーダー毎の支払いが面倒と思う方と前金だから安心して飲めるという方に分かれるみたいです。
▼客引き(きゃくひき)▼
お店の外でお客様を呼び込むこと。
現在は迷惑防止条例で禁止されており、警察に見つかると逮捕されるリスクがあります。
違法ですので絶対についていかないようにしましょう。
▼キャスト▼
キャバクラやパブで働いている女の子のこと。
「女の子・コンパニオン・フロアレディー」と呼ぶお店もあります。
ちなみにキャバ嬢と呼ぶのは一般人で、業界ではキャストと呼ぶのが通例です。
▼キャッシャー▼
お会計をするところ、またはお会計をする人という意味で使用されています。
キャッシャーがテーブルにて会計を行うのでお客さんが会計受付に足を運ぶ事は少ないです。
お金を取り扱う仕事になるのでその分責任が重く役職者が担当している事が多いです。
▼キャッチ▼
キャバクラ嬢をスカウトしたり、客引きをする人。
キャッチ行為は法律で禁止されており、ぼったくり等の悪質なケースが多いので気を付けましょう。
良いキャバクラ店に行きたいならキャッチは避けたほうが無難です。
▼キャバドル▼
キャバクラ嬢アイドルの略で、容姿とスタイルが優れているキャストをキャバドルと呼びます。
アイドル並みの容姿にカリスマ的な人気を持つ、トップクラスのキャバ嬢に与えられる称号です。
テレビや雑誌に出るレベルといえば分かりやすいですね。
▼黒い伝票(くろいでんぴょう)▼
フリーで来店したお客様用の伝票の事。
▼黒服(くろふく)▼
ホールスタッフ、ボーイのこと。(類語:黒服・メンバー・ボーイ・ホールスタッフ)
キャストの勤怠管理やフォローも行っていて、一概にウェイター業務だけではありません。
▼ゲスタン(ゲストグラス)▼
お客様用のグラス(ゲストタンブラー)のことです。大きさは「オンス」という単位で呼ばれます。
お客様用は10オンスが一般的で女の子用はお客様が使うグラスより小さめで6~8オンスが一般的です。
▼研修(けんしゅう)▼
新人のキャストにお店で働き始めるにあたって具体的な接客方法について教えること。
男性従業員がお客様役になり相手をしてもらいます。実際にお酒を作ったり会話を楽しんだり、ロールプレイ・シミュレーションをします。
丁寧に教えてもらえるので安心してください。
▼源氏名(げんじな)▼
お店で働く時のみに使うキャストの名前の事。いわゆる偽名の事。
お客様に覚えてもらうために親しみやすく、かつ覚えやすい名前をつけることが多いです。
名前はそのお店で早い者勝ちで決まっていくので、もし自分の源氏名が決まっているのであれば
お店に同じ名前がいるか確認しておくようにしましょう。
▼紅白(こうはく)▼
シャンパンの白とロゼの事を意味しています。
新人のうちは某歌番組と勘違いしがちなので注意しましょう。
▼コースター▼
コップやグラスの下に置く、水滴でテーブルが汚れるのを防ぐ小さなマットの事です。
またテーブルの熱がグラスに伝わるのも防いでくれます。
▼コール▼
一気飲みを掛け声で煽って一気飲みをさせる事です。
いろいろなコールがあり、ホストクラブではシャンパンを入れたときによく見かけます。
▼コスプレ▼
コスプレとはハロウィンやクリスマスを代表とするイベント時に仮装することを意味しています。
お店により内容は様々ですがイベントの際にはサンタ服やナース服、セーラー服、チャイナ服に着替えることもあります。 正式名称はコスチュームプレイです。
▼小箱(こばこ)▼
お店の広さを表す用語です。大・中・小によってその広さを表現します。
小箱は客席の少ない小型店。(類語:大箱・中箱)
▼固定客(こていきゃく)▼
特定のお店に定期的に通うお客様のこと。 特定のお気に入りキャストがいる場合とお店自体を気に入って通い続けている場合があります。
お店としては安定した売り上げに繋がるので、非常に歓迎されている存在です。

▼▼▼▼▼▼サ行▼▼▼▼▼▼

▼サービス料(さーびすりょう)▼
キャストや男性従業員の接客に対して支払われる料金のこと。
基本はセット料金に含まれていたり、セット料金に上乗せされるお店もあります。
大体が10%~20%という設定のお店が多いですが、高級なお店になると30%の設定になっているお店もあります。
▼再研修(さいけんしゅう)▼
研修を終えたキャバ嬢が再度研修を受け直すことを言います。
個人売上が増えない時に自ら研修を申し込んで、アドバイスを貰う場合もあります。
▼サバ読み(さばよみ)▼
キャストが実年齢よりも低く設定して仕事をすること。
自らではなくお店側からサバ読みを指示される場合もあります。
実際、年齢が若い方がお客さんに好まるれ傾向があるので、10歳以上サバを読むこともあります。
▼GS(じーえす)▼
ガールズソフトドリンクの略のこと。キャストが飲む最初のドリンクとなります。
お店側が乾杯用に提供した飲み物になるので、料金はかかりません。
▼自動延長(じどうえんちょう)▼
お店で決められた時間が経過すると、自動的に延長されていくシステムの事です。
一般的に、初めに1時間分の料金が発生して、その後30分から60分単位で延長料金が加算されていきます。
気づかないうちに高額になるケースもあるので事前に料金システムの確認をしておいた方がいいです。
▼シフト▼
キャストの出勤予定日の事。シフトに入る、シフトを組む、等表現します。
週単位でシフトを組むお店もありますし、月単位のお店もあります。
ちなみにキャバクラ派遣では完全自由出勤になるのでシフトは提出しません。
▼指名(しめい)▼
気に入ったキャバ嬢を指名(名指し)する事。
指名の数で給料が大きく変動するので指名が多いとその分給料は上がります。
つまりキャバ嬢の評価は指名の多さで決まると言っても良いぐらい重要なポイントです。
▼指名料(しめいりょう)▼
お客様がキャストを指名するのにかかる料金。
指名料の一部はキャストにバックという形で給料に還元されます。
店内で気になって指名する場内指名よりも、指名をしてお店に来てくれた本指名の方がキャストへのバックは多いです。
▼指名替え(しめいがえ)▼
お客様が今まで指名しているキャストを他の子に替えること。
指名数によって給料も変動するので、この指名替えはキャスト同士の不仲の一番の原因となりやすい。
このような事からお店によっては指名替えはNGとなっている場合もあります。
▼写真指名(しゃしんしめい)▼
お店の入り口にキャバ嬢の顔写真を飾っていて、その顔写真を見てお客さんが指名を入れることを写真指名と呼びます。
ほとんどの場合、写真にはある程度の修正が入っていますので過度な期待はしないほうが無難です。
▼シャンパンコール▼
お客さんがシャンパンを注文した時に、複数のキャバ嬢やスタッフが集合して盛り上げることです。
高級なシャンパンだと店内のキャバ嬢が全員集まって掛け声を掛ける場合もあります。
▼自由出勤制(じゆうしゅきんせい)▼
自分で働く日や時間を自由に決められるシステムのこと。
事前に申請が必要なお店が多いですが、融通が利く分とても働きやすいシステムです。
派遣や繁盛店でしか採用されていないシステムでもあります。
▼終礼(しゅうれい)▼
キャバクラ店の営業終了後に行うミーティングの事です。
その日の売り上げや反省点などを話し合ったり、イベントの告知などをキャストに報告する場になります。
時には優秀なキャバ嬢、ナンバーワンが表彰・発表されることもあります。
▼場内指名(じょうないしめい)▼
指名するキャバ嬢がまだいないフリーのお客様が店内で気に入ったキャバ嬢を見つけて指名する事です。
場内指名は本指名より料金的に安く設定されておりますが、女の子のお給料にはあまり反映はされない事が多いみたいです。
とはいえ、容姿などを気に入っての指名だと次に繋がりやすいので本指名GETのチャンスでもあります。
▼ショータイム▼
キャバクラ店によっては、特定の期間や時間帯にキャストがダンスや歌を披露するのを売りにしていることがあります。
ステージに立てばお客さんからの注目も浴びますので必然的に場内指名に繋がったりしますのでチャンスとも言えます。
▼ショーメンバー▼
ショータイムに出演しているキャストの事です。(類語:ショーメン)
ショーの間は接客はしませんがもちろん楽ではなく、
お店がショーをウリにしている場合非常にプレッシャーがかかる立場になります。
▼初回料金(しょかいりょうきん)▼
初めて来店したお客さん専用のお試し料金の事です。
ほとんどが通常料金よりも安く設定しています。その代わりセット時間が通常60分のところ40分に設定しているお店もあります。
▼地雷嬢(じらいじょう)▼
お客さんへの接客態度が悪かったり、愛想がなかったりでお客さんを怒らせてしまうキャストの事。
そんなキャストに当たってしまうとお客さんはそのお店には二度と来てくれなくなってしまいます。
キャストとしてそうならないようにサービス・愛想に一生懸命に頑張りましょう。
▼新規(しんき)▼
初めてお店に来たお客さんの事です。(類語:フリー・一見さん)
初回割引などが適応されるお店が多いですが高給クラブでは逆に『一見さんお断り』な所もありますので注意が必要です。
▼新人優先(しんじんゆうせん)▼
新しく入店してきたキャストに早く仕事に慣れさせたり、顔を覚えて貰うためにお客さんにいっぱいつける慣習です。
今後の期待値が高いキャストはお店の太客でもある常連客に紹介される事もあります。
▼スタンバイ▼
お会計が済んだお客様が帰る事を言います。通常、スタンバイとは「準備する」と言う意味ですが、
キャバクラでは帰るお客さんが次のお客さんが座れるように席を開けてくれたと意味で使われます。
▼スカウト▼
街中で女の子に声をかけお店に紹介する人やその行為の事です。(類語:キャッチ)
法律では禁止されている行為となりまし、悪質店を紹介されるリスクもあるので利用しないようにしましょう。
▼スツール▼
キャストが店内で座るための背もたれの無いイスのことです。
丸形や四角いものなどがありますが、共通して背もたれがない事が特徴です。
▼ストレート▼
お酒の飲み方の一つで本来は水やお湯、ソーダなどで割って飲むお酒を薄めずに常温でそのまま飲むことです。
薄めない事によってお酒本来の味をそのまま生かして飲むことが出来るのでお酒好きな人はたいていストレートを好みます。
▼スライドシステム▼
キャストの売り上げによって時給やバックが増減するシステムの事です。
人気や実力次第でもらえるお給料がUPするのでお客さんをたくさん抱えているキャストは必然的に時給が高くなります。
逆に人気が無ければその分減給や出勤日数自体を減らされてしまいます。
▼セット料金(せっとりょうきん)▼
そのお店の基本料金の事でお店によって様々です。
座席料やハウスボトル(飲み放題のお酒)、簡単なおつまみに、
キープしている焼酎やウイスキーを割る氷、水またはお湯等を含んだ料金を指します。
ちなみにセット内容には場内指名や飲み放題以外のお酒の料金は含まれないのでご注意ください。
▼税サ込(ぜいさこみ)▼
税金とサービス料(5%~30%くらい)が含まれたトータルの料金の事です。
税サ込で60分〇〇円と非常に分かりやすく、かつお得な料金プランになります。
▼繊維(せんい)▼
一回の来店で大金を使うお客さんを太客、あまりお金を使わないお客さんを細客と呼びますが、
その細客以上にお金を使わないお客さんは繊維と呼びます。お店からすると儲からない相手となります。
▼総売上(そううりあげ)▼
お客さんの飲食代や消費税などから経費やカード売上を引かない、純粋にその日の売上全部の数字の事です。
売上制をとっているお店ではこの総売上が高いほど、キャストへの給料に反映されます。
▼送迎(そうげい)▼
仕事が終わったキャストを専属ドライバーは自宅まで送ってくれるサービスの事です。(類:送り)
大抵のお店は有料となっています。また同じ方角へ帰るキャストを待って数名で出発する場合もあります。
▼粗相(そそう)▼
キャストがお客さん相手に失礼なことをして怒らせてしまった時に使います。
不注意からドリンクをこぼしてしまったり、失礼な言動をしてしまったりしたら粗相となります。

▼▼▼▼▼▼タ行▼▼▼▼▼▼

▼待機(たいき)▼
接客につく卓がない時や、店が混んでなくてお客さんがいない時の時間の事です。
お客様の席から見えない死角になるような席で待機しますが、お店が混むと待機席は客席に変わっていきます。
ずっと待機席に座り続けていると指名や人気のないキャストと思われてしまいます。
▼体験入店(たいけんにゅうてん)▼
一日や二日程度、女の子がお店の雰囲気を掴むために働いて実際に体験してみる事です。(類語:体入)
ほぼ全てのお店がこのシステムを導入しています。
お店の雰囲気が合わなかったらすぐに辞めれる事が出来るので、気軽にお店を探せるこのシステムは女の子側に人気があります。
▼体入荒らし(たいにゅうあらし)▼
気軽にお試しで働ける体験入店システムを『お店に入店する意思』もないのに
ただ単にお小遣い稼ぎのために、色々なメリットを受けて利用している女の子の事。
お店にとっては入店もしない女の子に高い時給を日払いで払うので非常に嫌がられます。
▼ダブル指名▼
通常お客さんが女の子を指名する人数は一名のみですが、気に入った女の子が二名いてその二名を一度に指名する事をダブル指名といいます。
ちなみに一度に三名を指名すればトリプル指名といいます。もちろん指名料はその分、二倍、三倍とかかって高額になってしまいます。
▼チーママ▼
スナックやクラブ等で一番の責任者であるママに次ぐ二番手に当たる人の事をチーママと呼びます。
基本的にママのサポートに徹しますがお店のNO2という位置づけでお店の顔とも呼べる立場でもあります。
▼チェイサー▼
ロックやストレートなど、アルコール度数の高いお酒を飲む際に、途中や最後に飲む口直し用のお水の事です。
お酒を飲み続ける時に、酔いすぎないようにするために利用します。
また水だけでなくソフトドリンクやお茶などもチェイサーと呼ぶ事があります。
▼チェック▼
お会計や清算の意味で使われます。テーブルで清算をするテーブル会計が基本になります。
お客さんがキャストにチェックを伝えればそれがボーイに伝わり明細と会計を持ってきてくれます。
▼チェック(サクラ)▼
キャストがちゃんとお客さん相手にしっかりと接客を行っているか、抜き打ちでチェックする事です。
責任者や店長の知り合いなどがサクラのお客さんとして来店しキャストの対応を品定めして報告されます。
▼チェンジ▼
お客さんが隣に座ったキャストを気に入らなかったり好みではなかった場合に他のキャストに変えてもらう事をいいます。
ほとんどのお店では無料ですが、一部有料になっている事もありますのでチェンジする前に確認したほうがいいでしょう。
▼チャージ▼
お客さんが席に座ることで発生するサービス料金です。(類:テーブルチャージ)
女の子が付いていなくても飲み物を頼んでなくてもかかる料金で、主にフリータイム制がある高給クラブでも使われる制度です。
▼チャーム▼
無料のおつまみの事で、お客様が席に着くと注文前に出てくるチョコレートや柿ピー、ポップコーン等のかわきもの事を指します。
お店によっては食べ放題のところもあります。
▼チャンスボトル▼
お客さんがキープしているボトルの残りが少なくなり、中身が空っぽになりそうなボトルの事です。
お店にとっては全部飲み切れってもらえれば、また新しいボトルを注文してもらえるかもしれないので、チャンスボトルと呼びます。
キャストが無理して飲み干そうとする時もあります。
▼つけまわし▼
どのキャストをどのお客さんにつけるか、既に客席についているキャストをどこの席に移動させるかを決める事を言います。
お店やキャスト、お客さんを把握している役職者が担当になる事が多いでしょう。(類語:ラッキー)
つけまわし次第で繁盛度合いが変わるほど大事な仕事です。
▼ツメシボ▼
冷たいおしぼりのことです。(類語:アツシボ,カワシボ)
お客さんの手が汚れた時や退店する前に差し出します。
▼デキャンタ▼
ワインを移し替える際に使う容器、または移し替える行為そのものを言います。
その際にワインが空気に触れるので酸化が起こり、風味や香りが良くなる効果があります。
▼出禁(できん)▼
出入り禁止の事を略して言います。
主に迷惑行為や不法行為(故意または過失により他人の権利や利益を侵害)をした際に、
店側がその人に対して以後の利用、立ち入りを禁止する事です。
▼鉄板(てっぱん)▼
どんな時でもお客さんが指名替えや店替えをしないで、そのキャストに入れ込んでいる、そんな状況の事です。
お客さんがキャストに心酔しているのがはっきり分かり、鉄板と呼ばれ重宝されています。
▼店カラ(てんから)▼
営業中にもかかわらずお店にお客さんが誰もいなく非常に暇な状態の事です。(類語:ノーゲス)
キャストや従業員は待機中でも時給が発生しているのでお店にとって店カラは回避したい事です。
▼店泊(てんぱく)▼
お客さんや男性スタッフが終電を逃してお店に寝泊りすることを言います。
キャストに対しては送迎があるので男性スタッフが店泊になる場合がほとんどです。
ただ飲みすぎたキャストが店泊する事が多いので飲みすぎには注意しましょう。
▼天引き(てんびき)▼
給料から税金やヘアメイク費用、ドレス・ヒールレンタル代、その他雑費が差し引かれることです。
悪質店では何かしら理由を付けて大目に天引きするので注意しましょう。特に税金の金額は確認するべきです。
▼同業(どうぎょう)▼
同じ仕事をしている人のこと、または職業や業種が同じである事を言います。
他店のキャバクラ嬢に対して、同業と言ったりします。
▼同伴(どうはん)▼
キャストが営業時間前にお店の外でお客様と食事などをしてから一緒にお店に出勤する事です。(反語:アフター)
時給・給料には換算されませんが、同伴すれば自動的に指名が入りますし、同伴料を一部もらえるお店もあります。
▼同伴料(どうはんりょう)▼
キャストがお客さんと同伴したときに、お客様に発生する料金。
この料金はお店の売り上げとなりますが、一部の金額がキャバ嬢へバックされます。
▼通し(とおし)▼
お店の営業オープンからラストまで仕事をすること。
長時間の勤務になり、お酒を飲む量も増えるのでかなり疲れます。
▼飛ぶ(とぶ)▼
事前に連絡せずに店をやめること。または、いきなり音信不通になりお店に来なくなること。
売り掛けのあるお客様が支払いに困り、突然行方をくらますこと逃げてしまうこと。
色々な意味がある言葉ですが、いずれもイメージは全く良くありません。
▼友達営業(ともだちえいぎょう)▼
お客さんと友達のような関係になって接客する営業方法です。(類語:友営)
疑似恋愛とは違う関係になるので、楽しい雰囲気で接することが可能です。
▼ドリンク▼
キャストが飲むカクテルやワインなどの事を言いレディースドリンクとも言います。
お会計は基本すべてお客さんのお支払いとなります。
ドリンクバックといって、ドリンクの注文が取れればそのキャストにバックがあります。
▼ドリンク攻撃(どりんくこうげき)▼
キャストがお客さんにドリンクをおねだりしてドリンクバックをGETする営業方法です。
ただ優良店ではドリンクのおねだりをしない教育をしていますし、自分からおねだりしないのが礼儀です。
▼ドリンクバック▼
ドリンクが注文される度に、その金額に応じたボーナスが給料に反映されることです。
ちなみに、指名を受けているキャバ嬢の売り上げとしてカウントされます。
ヘルプに入っている時は給料にまったく反映されません。
▼トレンチ▼
男性スタッフが持っているお盆のことです。
お酒や氷、おつまみなどを配膳する際に使用します。
銀色のトレンチが定番ですが、オシャレな柄の物も存在しています。
▼トング▼
ハサミのような形をしており、氷を挟んで掴む道具のことです。
焼肉の際に使うトングと同じもので、用途が異なっているだけとなります。
▼ドンペリ▼
シャンパンの中で最も有名で高級なのがドンペリです。
ドン・ペリニヨンが正式名称で、色に合わせてドンペリピンクと呼ぶ場合もあります。

▼▼▼▼▼▼ナ行▼▼▼▼▼▼

▼七つ道具(ななつどうぐ)▼
キャバ嬢必需品の道具。1名刺、2ライター、3ハンカチ、4ペン、5メーク道具、6メモ帳、7携帯。
常に持ち歩くように気を配りましょう。
▼ナンバー▼
キャバ嬢の格付けのことです。
お店の売り上げが高い順に、ナンバー1、ナンバー2と呼びます。
売り上げの発表時にキャバ嬢の名前が呼ばれるので、とても誇らしいことです。
▼ナンバーワン▼
お店の売り上げや、指名、同伴が一番多い人。
▼ニールダウン▼
膝を床に付けた状態で接客する、お客さんを特別扱いした作法です。
ひざまずいた状態に見えるためお客さんに優越感を味わってもらえます。
▼ニュークラブ▼
高級なキャバクラ店だと考えると分かりやすいです。
クラブのような雰囲気で、料金もキャバクラより高めです。
ただし、本格的な高級クラブよりは安価で飲めます。
▼ニューボトル▼
お客さんが新しく注文したボトルのことです。
余ったお酒はボトルキープされて、お店に保管されます。
▼入店指導(にゅうてんしどう)▼
新人キャバ嬢が接客のやり方を教わります。
ドリンクの作り方、あいさつの仕方、お店のルールを覚えます。 料金システムやNGについても聞くことになります。
▼抜く(ぬく)▼
お客さんと会話中のキャバ嬢を、他のテーブルへ移動させることです。
人気のキャバ嬢は他の席からも指名が入るので、頻繁に抜かれます。
▼ネームプレート▼
その名の通り名札のことで、お客さんがキープしたボトルに付けるものです。
お店によってはお客さんからボトルキープを受け付けています。
ボトルキープされるとお客さんの名前が書かれたネームプレートを付けます。
▼ネオンカット▼
閉店時間に近付いた際に、お店の明かりを消すことです。
店内の明かりを落として、お客さんにそろそろ帰る時間だと遠回しに伝える手法です。
キャバ嬢もお客さんに時間を確認させるなどの配慮が求められます。
▼ネクター▼
ピーチネクターの略称で、桃の味がするジュースです。
シャンパンなどを飲みやすくするために使用され、お酒の味をまろやかにしてくれます。
▼年確(ねんかく)▼
年齢確認のことです。
キャバクラでは18歳未満、高校生を働かせると法律違反になります。
優良店では必ず年齢確認が行われます。
▼ノーゲス▼
営業中にも関わらずお店にお客さんがまったく居ないことです。(類:店カラ)
店カラとも呼ばれ、お店にとっては一番最悪な時間帯です。
▼飲みキャラ(のみきゃら)▼
色恋営業のテクニックは使わずに自分が飲みまくることによって人気を得ること
▼飲み席(のみせき)▼
一気飲みをしたり、大量のお酒を飲んだりする空気になったテーブル席のことです。
稼ぐチャンスがある反面、大量のお酒を飲むので酔いつぶれるキャバ嬢も多いです。
▼ノルマ▼
お店が最低限の目標として定める目標。
ノルマが完全にないところもあれば達成できなければ罰金というお店もある。

▼▼▼▼▼▼ハ行▼▼▼▼▼▼

▼ハウスボトル▼
セット料金に含まれる飲み放題のお酒です。
お酒は焼酎やウイスキーであることがほとんどです。
時には、賞味期限が近いワインなどが含まれます。
▼爆弾(ばくだん)▼
キャバクラ店で禁止されている行為をしてしまうことです。
お客さんにドリンクをおねだりする場合や、直接金品を受け取る場合に注意される場合があります。
▼罰金(ばっきん)▼
無断欠勤したり当日欠勤をしたりすると罰金が課せられます。
お店に対して迷惑をかけた罰金で、給料か差し引かれます。
無断欠勤で罰金が2万程度取られるお店も存在します。
▼箱(はこ)▼
お店のことです。 キャバクラ店の規模によって呼び方は変わります。
ショーを行う広いお店は大箱、小さいお店は小箱、中間を中箱と呼びます。
▼バック▼
特定の目標を達成すると、売り上げの一部が給料として還元されることです。
お客さんから指名をもらったり、同伴やアフターにバックがあるお店もあります。
ドンペリが注文されると大金がバックされます。
▼派閥(はばつ)▼
お店の内部での女の子のグループのこと。キャバ嬢同士のグループのことです。
どの派閥に入るかで店内での居心地が変わって来ます。 陰湿なイジメにも繋がるので注意しましょう。
▼バンス▼
給料の前借りのこと。 新人の内はなかなか許可されず、ある程度の信頼関係が無いと出来ません。
▼昼キャバ(ひるきゃば)▼
お昼頃から夕方まで営業しているキャバクラのこと。 客層は時間に融通がきく自営業、外回りのサラリーマンや観光客の方たちが多いです。
延長がとりやすい特徴があります。
▼ビジター▼
初めてお店に来たお客さんのことで、指名やボトルを入れていない状態を意味します。
キャバ嬢にとっては指名をゲットするチャンスなので、接客的にアピールする相手となります。
▼ビフォアー▼
キャバ嬢がお店に出勤する前に、お客さんと会って食事することです。
同伴とは別で、この後にお店へ飲みに行くかはお客さん次第です。
食事をした流れで同伴に持っていくのが、キャバ嬢のテクニックの見せ所となります。
▼ピッチャー▼
お水やウーロン茶を入れる大きな容器のことです。
ビールを入れるのにも使用されます。
水割りのお酒やソフトドリンクとしても役割も持っています。
▼VIP(びっぷ・ぶいあいぴー)▼
キャバクラ店にはVIPシステムが採用されていることあります。
数百万以上のお金を支払ってくれるお客さんに対して、特別なサービスを行います。
一番良い席を用意したり、個室に案内したりします。
▼ビンダ▼
お酒をグラスに注がずにそのまま飲む行為です。
ラッパ飲みと同義で、酔ったお客さんが調子に乗って行うことが多いです。
▼ピン客(ぴんきゃく)▼
1名で来店されたお客さんのことです。
このタイプのお客さんは大抵指名するキャバ嬢が居るので、ヘルプに付くキャバ嬢には嫌がられます。
▼風営法(ふうえいほう)▼
風俗やキャバクラ店の営業を定める法律です。
キャバクラ店を経営するなら、必ず風営法の許可を貰っていないといけません。
▼風紀(ふうき)▼
キャバクラ店での風紀とは、キャバ嬢と男性スタッフが恋愛関係になることです。

原則としてキャバ嬢と男性スタッフの恋愛は禁止されています。 禁止されていない場合は、キャバ嬢を逃がさないための色恋営業の可能性があります。
▼フード▼
食べ物のこと。 お酒とキャバ嬢がメインなので、食べ物は基本的に割高です。
フルーツ盛りなどが注文されると、バックボーナスが発生することもあります。
▼ブーメラン▼
お客さんが使う用語です。 好みのキャバ嬢から電話番号を教えてもらえないので、自分の電話番号を渡すことです。
何か連絡があるかもしれないと期待して待つ状態を意味しています。
▼歩合(ぶあい)▼
基本給とは別に、売り上げに応じて報酬を貰えることです。
指名や同伴による報酬のバックなどが給料に加算されます。
▼太客(ふときゃく)▼
1回の来店で数百万を使ったり、頻繁にお店に来たりするお客さんを太客と呼びます。
同伴もしてくれるので、太客を掴めるかどうかがキャバ嬢として成功出来るかのカギとなります。
▼フルート▼
シャンパン用のグラスのことです。
グラスの底に傷がつけてあり、シャンパンの泡がいつまでものぼって行くようになっています。
▼フリー▼
指名がいないお客様のこと。フリーで入店すると、15分~20分程度でキャバ嬢は入れ替わっていきます。
フリーのお客さんからは指名をもらうチャンスになります。
▼ヘアメイク▼
髪を美しくセットすることです。
キャバクラ店によりルールが異なり、自分で美容院へ行くケースもあります。
店内に専属のスタイリストが居るキャバクラ店も存在しています。
▼ペナルティ▼
遅刻や欠勤に対する罰則のこと。
多くの場合は罰金という形になりますが、稀に店内の掃除などをすることがあります。
▼ヘルプ▼
指名したキャストが、他の指名客の席についている時に変わりに接客する女の子のこと。
ヘルプには様々なルールがあるので、お店に確認しましょう。
▼ポイント▼
指名、同伴、お店によってはボトルやドリンクの注文も対象にしています。
ポイントに応じてキャバ嬢の時給が増減します。
▼ボーイ▼
キャバクラの男性従業員のこと。(類語:黒服・メンバー・ボーイ・ホールスタッフ)
▼ポーター▼
お客さんの車を預かってくれる男性スタッフのことです。
近くの駐車場から店前まで車を持って来てくれるなどのサービスを行います。
▼ホールイン▼
キャバ嬢がヘアメイクやドレスアップを終えて、お客さんの居るホールへ入ることです。
お店によってはホールインしてから時給が発生する場合もあります。
▼坊主(ぼうず)▼
キャバ嬢がお店に出勤しているのに、指名がまったくもらえない状態のことです。(類語:お茶をひく・お茶っぴき)
お茶っぴきとも呼ばれ、早上がりや減給の対象になりやすいです。
▼保証荒らし(ほしょうあらし)▼
給料が貰える保証期間だけ働いて、終わると同時にお店を辞めて行く行為です。
1日体験入店の荒らしに近い行為でお店から嫌がられるものとなっています。
▼細客(ほそきゃく)▼
太客の反対で、一度の来店で使うお金が少なく、来店頻度も少ないお客さんのことです。
お店としては売り上げに繋がらないので、優先順位は下がります。
▼ボトル▼
シャンパン、焼酎、ウイスキーなどのお酒の入った瓶の事。
ボトルを入れてもらうとお給料にバックが入るようになっている。また残ったボトルはキープしてもらえる。
▼ボトルキープ▼
注文したお酒が余った場合、お店に保管しておいてもらうことです。
次回来店時にはキープしたお酒から提供されます。

▼▼▼▼▼▼マ行▼▼▼▼▼▼

▼マイナス営業(まいなすえいぎょう)▼
足を組むキャバ嬢画像
キャバ嬢の数よりもお客さんの数のほうが多く、マンツーマンになっていない状態のこと。
▼枕営業(まくらえいぎょう)▼
キャバ嬢がお客さんと肉体関係を持って、指名を取る営業方法です。
肉体関係を持つと男女関係のトラブルや不倫訴訟のリスクが増えます。
▼マグロ▼
お客さんが居る席についているのに、あまり喋らずリアクションが薄いキャバ嬢のことです。
サービス精神が無く態度が悪いので、お店へのクレームとなります。
▼マスコミ手当(ますこみてあて)▼
雑誌やテレビなどの取材を受けると貰えるボーナスです。
顔バレするので嫌がる女性も多いため、報酬額はかなり高くなっています。
▼マドラー▼
お酒をかきまぜたりする時に使うガラスやプラスチックで出来た棒の事。
ストローのような見た目ですが、中に空洞はありません。
▼マニア▼
キャバクラ店に詳しく、キャバ嬢よりもお店の内情に詳しい人です。
辞めたキャバ嬢がどこに居るか、なぜ辞めたかなどを詳細に知っています。
▼ママ▼
キャバクラやスナックでお店を切り盛りするメインの存在です。
高いカリスマ性や癒しなどが無いと、お客さんは集まって来ません。
▼マルメン▼
キャバ嬢がお客さんに対して使う陰口で、太っているデブなことを意味しています。
お店によってはキャバ嬢の声が筒抜けになっており、悪口が聴かれる場合もあるので注意です。
タバコの銘柄で呼ぶ事もあります。
▼満卓(まんたく)▼
キャバクラ店のテーブルがすべて埋まっている状態のことです。
お客さんを待たせる待機席があるお店もあります。
▼幹(みき)▼
お店に新規のお客さんを連れて来てくれる常連客のことです。
既にキャバ嬢を指名しているお客さんが幹で、フリーのお客さんを枝と呼びます。
▼水揚げ(みずあげ)▼
結婚を理由にキャバクラ店から卒業するキャバ嬢のことを差します。
水商売から旦那にすくい上げてもらうことの意味もあります。
▼水商売(みずしょうばい)▼
キャバクラを含めた接待飲食等営業のこと。
浮き沈みが激しい商売を水の流れに例えたのが由来といわれている。
▼水割り(みずわり)▼
焼酎やウイスキーなどの度数が高いお酒を水で割って飲むことです。
基本的なお酒の飲み方で、他にはロックやストレートなどの飲み方があります。
▼店年齢(みせねんれい)▼
実年齢を偽り、お店で設定された年齢を名乗ることです。
大抵の場合は実年齢よりも数歳若くしています。
▼店前同伴(みせまえどうはん)▼
店の前など待ち合わせをし、食事をせずにすぐに店に入ること。
▼ミネ▼
ミネラルウォーター、水のこと。ボトルのお酒を割る時に使います。
▼都落ち(みやこおち)▼
キャバクラが繁盛する銀座、六本木、歌舞伎町で働いていたキャバ嬢が、他の場所へ移籍することです。
理由は様々ですが、キャバクラの繁盛店から離脱したと判断されます。
▼無欠(むけつ)▼
シフトが入っているのに無断で欠勤することを無欠と呼びます。
無欠すると罰金が発生することもあり、金額はかなり高額に設定されています。
▼むらさき▼
お醤油のことです。 お寿司などを提供するキャバクラ店では、お醤油をむらさきと呼称します。
▼無理やり指名(むりやりしめい)▼
お客さんから無理やり指名をしてもらう手段です。
指名して欲しいと強くお願いするため、お客さんの気持ちを無視しています。
優良店であれば評価を落とすため、スタッフから注意されます。
▼メンバー▼
ボトルキープしているお客さんや常連客、主に指名があるお客様の事を指します。
反対語でビジター(指名のないお客様)もあります。
▼面接落ち(めんせつおち)▼
キャバ嬢の素質がまったく無い女性に言い渡されるものです。
1日体験入店すらさせてくれず、完全な戦力外通告となります。
見た目が著しく悪い場合や、面接時の態度が失礼な時に面接落ちします。
▼持ち込み(もちこみ)▼
お客さんがお酒や食べ物をキャバクラに持ち込むこと。持ち込み料を取られます。
▼物交換(ものこうかん)▼
男性スタッフの仕事の1つです。
タバコの灰皿を交換したり氷の補充を行ったりします。
お客さんを不快にさせないために細かな配慮が必要になります。

▼▼▼▼▼▼ヤ行▼▼▼▼▼▼

▼ヤリ目(やりもく)▼
キャバ嬢と肉体関係になるのが目的のお客さんです。
執拗にデートへ誘ったり、ラブホへ誘ったりしています。
しつこい場合は男性スタッフへ相談すると、出禁措置を検討してくれます。
▼雇われ店長(やとわれてんちょう)▼
経営権を持っているオーナーから雇われている店長です。
お店の経営はすべて雇われ店長が任されていますが、お金の支払いはオーナーとなっています。
▼友人紹介料(ゆうじんしょうかいりょう)▼
友達をキャバ嬢に誘って、入店が決まった際に貰える紹介料です。
入店したキャバ嬢が半年間勤務して居たら、さらにボーナスが貰えるシステムもあります。
▼幽霊部員(ゆうれいぶいん)▼
キャバクラ店には在籍しているものの、まったく出勤していないキャバ嬢のことです。
病気や長期休暇の可能性はありますが、基本的に失踪しているケースが多いです。
▼呼び込み(よびこみ)▼
お店の目の前で通行人の男性に対して、お店の案内をすることです。
もしお店から離れ過ぎてしまうと客引きと判断され、法律違反となるでしょう。
合法的にお客さんに話しかけるのがポイントです。

▼▼▼▼▼▼ラ行▼▼▼▼▼▼

▼ラスト▼
お店の閉店時間のことです。
風営法の関係で深夜0時までにお店を閉めなければなりません。
それ以降も営業しているお店は、基本的に違法店となります。
▼ラストソング▼
閉店時間に近付いた時に流れる歌のことです。
カラオケがある場合は、キャバ嬢がラストソングを歌う場合もあります。
▼ラッパ飲み(らっぱのみ)▼
お酒などをグラスへ注がずに、直接ビンへ口を付けて飲む行為です。
ビンダとも呼ばれており、一気飲みなどに利用されます。
▼ラッキー▼
つけまわしを担当する男性従業員の呼び名。
キャバ嬢をどのお客さんへ付けるかを見極める大切なポジションです。
▼リピーター▼
お店に通ってくれるお客様のこと。
これに加えて使うお金の金額が多いなら太客、少ないなら細客とも呼びます。
▼領収書(りょうしゅうしょ)▼
金銭を受け取った旨を記した用紙のこと。
代金を会社の経費で落としたいために貰う人がほとんど。
▼レインボー▼
ドンペリの全色をあわせてレインボーと言います。
莫大な金額のお酒となり、キャバクラ店内が盛り上がる瞬間でもあります。
▼レギュラー▼
ほぼ毎日お店に出勤しているキャストのこと。
▼レディースグラス▼
キャバ嬢用のグラスのこと。
ゲストグラス(ゲスタン)よりも小ぶりの6オンスを使うことが多い。レディグラ、レディタンとも呼びます。
▼ロマネ▼
ロマネコンティの略称で、非常に高級な赤ワインです。
年代が古いものだと1本300万以上もするワインで、VIPに好まれています。
▼ロック▼
お酒の飲み方の1つで、グラスに大きな氷を入れて飲む方法です。
水などで割ったりしないので非常に濃いお酒となります。
氷すら入れないとストレートという飲み方に変わります。
▼ロックグラス▼
ロックでお酒を飲む際に使用される、専用のグラスです。
大きな氷を入れられるように幅広いグラスになっているのが特徴です。

▼▼▼▼▼▼ワ行▼▼▼▼▼▼

▼割引チケット(わりびきちけっと)▼
お店のホームページ等で手に入る割引券のこと割りチケとも言う
▼割り物(もりもの)▼
お酒を割る飲み物。 基本なのは水割りですが、ウーロン茶やお茶その他ジュースなどで割る場合もあります。